きっと、雨上がりの空よりも、

澄んだ気持ちで居られる様に。

共感するためのメディア、快楽としての悲劇

正月に父方の伯父、伯母を招き、夕食を共にした。(私は実家住まいである)
彼らはどちらも独身で、大抵一人で過ごしているそうだが、伯母はTVをよく見ているとの事だった。
曰く、TVを付けていると「話しかけてくれて」「共感できる」から「寂しさが消える」との事だった。
TVが視聴者それぞれに「話しかけている」かどうかや、番組の内容に「共感」出来るかどうかは大いに疑問に思うところだが、TVというメディアをそのように消費する人は少ないどころかむしろ多数派なのだろう。

先日アルジェリアで発生した人質事件で多くの日本人が衝撃を受けた。軍属でも公務員でも、自分探しの無鉄砲な若者でもない、ごく普通の一般企業に勤める社員が根こそぎ人質に取られたのだ。衝撃を受けるのは当然の事だ。
そしてそのストレスはアルジェリア軍による「解放作戦」とその結果で最高潮に達した。何人もの日本人が作戦中に亡くなってしまったのだ。

人はストレスを受けるとそれを何らかの手段で解消しようとする。そしてその手っ取り早い手段が「共感」なのだろう。
メディアは悲劇の情報を細かに、時に脚色を加え(あるいは「加え過ぎて」)、視聴者に伝える。視聴者はそれを嫌な顔をしながら受け取り、神妙な顔で「悲しみ」、そして他の視聴者も同じように思っている事を認識し、安心するのだろう。
詳らかな情報はまた、視聴者を「悲劇の主人公」に近づけさせる手助けをする。中途半端な情報で正体不明のストレスにさらされているよりも、自ら核心に近づき「納得」することで、ストレスの解消は早くなるだろう。

亡くなった被害者の実名をメディアが報道したがったのは、普段通りの「善意」を遂行したかったのかも知れない。

しかし、いくら強烈なストレスにさらされたとは言え、被害者とその家族、同僚以外は「他人」である。
当事者のストレスは想像することも出来ない。
その当事者を踏みにじり、「被害者」ぶってストレスの解消を要求するのはあまりに筋が通らないと言えないか。
身内の死を受け入れることにどれだけの時間を要するか。それを考えれば、普段の報道も、その消費も、およそ正しいとは言えない。

しかも、加えられたストレスが解消される瞬間は「快楽」となりえる。人が時に悲劇を求めるのは、そのストレスを共有する事や、共有により消化することが快楽となることも理由にあるだろう。
とすれば、普段の殺人事件や事故、そして今回の大勢の客死も、「快楽」として提供され消費される、あるいはすでにされているとは言えないか。

当事者を欺き実名を報道したメディアが糾弾されるのは当然としても、その責任を単にメディアのみ求めるのは無責任が過ぎるのではなかろうか。
今回の実名報道を招いたのは、残酷な殺人事件や凄惨な事故を「享受」していた、メディアと視聴者双方が作り上げてきた構造そのものに原因があるのではなかろうか。

今日という日に

手当たり次第に熱中し片端から飽きて行った親友と、そうと知らぬ間に別れてしまってから1年が経つ。

歌いながら歩いた8月の夜を思い出す。

彼は退屈が致命的であることを教えてくれた。

―ハルディン・ホテルを聴きながら。

スノーホワイト―おとぎ話の代わりに現れたものは

もう先週のことだが、トレーラーを見て気になっていた「スノーホワイト」を、駆け込みで観てきました。

基本的にネタバレなので、楽しみたい人は読まない方がいいです。

Read the rest of this entry »

最後の練習。

景観が悪いという理由で、邪魔者扱いされる事が多い電柱と電線だけれど、
夕刻、藍に浮かび上がる黒い影は様々な思いを呼び起こしてくれる大事な鍵になっていて、
そんなものを大切にする曲を、私は書きたい。


さて、今日は今年最後の練習でした。

新曲を1曲と、アンコール候補を幾つか練習。
候補に入っている私の曲は私が指揮をしたのだけれど、皆さん以前よりもリズムが取れるようになっていて、こういう進歩が見られると嬉しくなります。

私も負けないような編曲をしなければ。

ところで、団員の某氏から「若くなった」と言われましてね。
どうやら今までと違う服装や髪形のせいらしくてですね。
まだ20代も前半なのに、若いって言われても、複雑なものがあります。

今年も残すところ数日。
何事も無く終えますように。

ライブの感想にならない感想

今日は友人のライブに行って来た。
ライブ告知を見る度に行きたいと思っていたのだけれど、
なかなか予定が合わず、これまで行けていなかったのだけれど、
そうこうしている内にラストライブとなってしまい、慌てた次第。

Read the rest of this entry »

アンサンブル

フィクション内での年齢の扱いは厄介だ。
成人向けゲームでは過敏なほど(そしてそれがゆえに無意味になった状態で)気を使っているが、一方で、小説やマンガなどの中では幼い登場人物が散々な目にあっている事がある。
ゲーム会社やそのユーザーはその微妙な立場ゆえに過剰なまでの予防線を張ろうとするが、他方小説の(それもいわゆる「オタク」とは関係のない部類の)作者はほとんど気を使わないように思える。精々教科書掲載時に揉める程度だろうか。
だから、この不当な状況を当然なものとして過適応するのは間違っていると言えるし、かといって完全に無神経に振舞っても構わないというものでもないだろう。
批判する側される側が同じ立場にある場合、事態は更に難しい。

ただ。

不必要なまでに露骨でくどい下ネタは、まず文章として問題があるのではなかろうか。
あれは病気のようなものだからしょうがないという声もあったけれど。
Read the rest of this entry »

野外演奏会

目つむり猫さん。

屋外で吹奏楽の演奏会があった。

  • ルパン三世のテーマ
  • スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス
  • 愛のコリーダ
  • ディスコ・パーティー
  • スパニッシュ・フィーバー

3/5が星出尚志の編曲。いやそれはどうでも良いか。
いつもどおりグダグダな演奏で、1曲目なんかは演奏者の準備が出来ないまま始まった感じもする。
演奏が酷かったからなのか、今回はアンコールがなかった。

演奏者の体調が危なそうだったからかもしれない。
コンマスは片付けの間控え室近くで倒れていたし、ドラマーは顔が白かった。
横浜のアメダスによれば、演奏の時間帯は30-31度。
いつもなら吹き荒れている風も、楽譜が飛ぶ心配を全くしなくて良いほど穏やか。
アンコールがなくて本当に助かった。

しかし、もっと練習が必要だと、毎回思う。
曲が決まるのが遅いし、合奏への出席率もよくないので難しいのだけれど。

ミュート

トロンボーンのミュートを買った。
遠くないうちに楽器を買い換える予定なので、通販で安く済ませた。
トム・クラウンのミュートなのにジョーラルの箱に入ってきて、ちょっと焦った。

ここでちょっとした問題。
……コルクの調整どうしよう?
試しに嵌めて見たところ、やっぱりちょっと出っ張りすぎ。
紙やすりで少しずつ削ろうか。

それにしても、ユーフォニウムのミュートはやっぱり大きい。
今のところ「たなばた」でしか使ってない。
勿体無い……

6回目

そう言えば、いつの間にやら9月になっていた。
まだまだ暑いけれど、
虫の鳴き声や日が暮れてからの「空気」は
きっと秋のそれで、
だから私はこの時期が大好きで、嫌いだ。

そんなことはさて置き、オータムリーフ管弦楽団の第6回定期演奏会が開催されます。
10/3 16時開演。江戸川区総合文化センターホール。
入場券代わりのパンフレットは前売り945円、当日1000円。
前売りは関東圏内のとらのあなやメロンブックス、あるいはそれらの通販をご利用下さい。
まだサイトには反映されていませんが、15時半の開場より、
開演まで我慢の出来ない団員によるウェルカムコンサートがあります。
お時間に余裕があればどうぞ。曲目はヒミツです。

今回は「Princess Grace!」と「水月 ―夏の間隙―」の2曲を担当しました。
前者はリメイク。Jazz分をちょっと高くしました。
後者は新作。しんみり系。演奏している皆さんは苦手そうだけど、たまにはこういうのも良い物です。

GT7019


靴が壊れた。

両足の内側が擦り切れている。
確かにオイルを塗るなどの手入れはかなり怠っていたけれど、
ソールとの接合部分が切れているので、単純に寿命なのだろう。
この状態に気づいてから数ヶ月、しつこく履き続けていたのだから、「壊れていた」というのが正確かもしれない。

それでも、革の内側の布の部分に穴が開いたわけではないからまだ履き続ける心算だったのだけれど、
靴紐が先に切れてしまったのでこれでは履くことが出来ない。
靴紐は買えば良いけれど、果たしてあのタイプの紐は売っているのだろうか。

さて、これまで何度も新しい靴を買う機会はあったのだけれど、結局買わずにいた。
私は軽い靴が嫌いだし、「足に優しい」大振りな靴も好きじゃない。
前者は私の歩き方に合わないからで、後者は……なんでだろう。
足の形に沿っているのが、足を見せて歩いているみたいだからだろうか。
うん、それっぽい。そういうことにしておこう。
そんなわけで靴を新調してこなかったのだけれど、ついに買わなくてはならなくなったらしい。