今日という日に


手当たり次第に熱中し片端から飽きて行った親友と、そうと知らぬ間に別れてしまってから1年が経つ。

歌いながら歩いた8月の夜を思い出す。

彼は退屈が致命的であることを教えてくれた。

―ハルディン・ホテルを聴きながら。

No Comments.

Leave a Reply

(required)

(required)