オータムリーフ管弦楽団第4回演奏会


12日はオータムリーフ管弦楽団の第4回定期演奏会でした。

オータムリーフ管弦楽団には編曲者、トロンボーン奏者として参加しています。

編曲をしたのは演奏会冒頭の「序曲『群青の空から』」。素材はテーマ曲である「アララト」と、印象的なアイキャッチ2種です。「アララト」の悲壮感を維持しようと工夫したのですが、伝わり切らなかったようで残念。思想のようなものを曲にするのはなかなか難しいですね。

プログラムには書いてありませんが、この曲の楽譜にはサブタイトルが付いています。「――あるいは、明るい未来へ」僕らが空に夢見た理想は この翼では届かない もっと高く 遠くへ 羽ばたき続けるのなら いつか掴める日が来るだろう1番の詞での願いは、2番で否定されます。

「序曲」の最後では「アイキャッチ1」がゲーム内と同じくトランペットで奏されますが、その後半で「アイキャッチ2」に蹂躙されます。

つまりは、そのような曲なのですが。アイキャッチがらみの事は演奏者側でも知らない/読み取っていない人が殆どなので、1回聴いてそれを読み取るのは難しい。この辺りのバランスは明らかな改善点ですね。


演奏。ばてました。以上(ぉ

スクールデイズ第2楽章にある短9度跳躍は何とかこなし、第5楽章のねちっこい対旋律も(多分)クリア。第6楽章の弱奏ロングトーンで撃沈。この辺りのパート割りは反省の余地ありです。


ドリパや他の演奏会を蹴ってオータムリーフを選んでくださった皆様、ありがとうございました。これからもオータムリーフ管弦楽団をよろしくお願いします。

No Comments.

Leave a Reply

(required)

(required)