きっと、雨上がりの空よりも、

澄んだ気持ちで居られる様に。

ロリポップのIMAPは同期できないフォルダがある

私の所属しているオータムリーフ管弦楽団ではサイトやらメールやらにロリポップを使用している。

団宛のメールはいろんな理由で担当者に転送していたのだけれど、これまたいろんな理由でメールアカウントを直接使用したいよねーということになって、サーバー名はPOP3なのにIMAPも使えるのねやっだーということで、いろいろ格闘してみた。

送信済みフォルダとか下書きとかごみ箱とかはPCのメーラ(Thunderbirdとか)から特別扱いされているけれど、ロリポップのWebメールでも当然特別扱いされている。

ロリポップ!WEBメーラー

それで、Webメールで送信したメールも当然PCのメーラから確認したいわけで、この送信済みとか下書きとかを何とか同期できないものかと、フォルダ名をいろいろ変えて確かめたのだけれど、これが出来ない。

久しぶりにtelnetを起動してIMAPコマンドを叩いてみたら、該当しそうなフォルダが見当たらない。
もしやと思ってロリポップに問い合わせたら「できないよ」と実にあっさりとした回答が返ってきたというのが今回の顛末。

送信メールの確認は自分自身をBCCにでも入れておけば確認できるけれど、気持ち悪い。
機能改善の検討事項に入れてくれるらしいけれど、どうなるのかな。

ちなみに、ごみ箱は「Trash」です。普通ですね。

共感するためのメディア、快楽としての悲劇

正月に父方の伯父、伯母を招き、夕食を共にした。(私は実家住まいである)
彼らはどちらも独身で、大抵一人で過ごしているそうだが、伯母はTVをよく見ているとの事だった。
曰く、TVを付けていると「話しかけてくれて」「共感できる」から「寂しさが消える」との事だった。
TVが視聴者それぞれに「話しかけている」かどうかや、番組の内容に「共感」出来るかどうかは大いに疑問に思うところだが、TVというメディアをそのように消費する人は少ないどころかむしろ多数派なのだろう。

先日アルジェリアで発生した人質事件で多くの日本人が衝撃を受けた。軍属でも公務員でも、自分探しの無鉄砲な若者でもない、ごく普通の一般企業に勤める社員が根こそぎ人質に取られたのだ。衝撃を受けるのは当然の事だ。
そしてそのストレスはアルジェリア軍による「解放作戦」とその結果で最高潮に達した。何人もの日本人が作戦中に亡くなってしまったのだ。

人はストレスを受けるとそれを何らかの手段で解消しようとする。そしてその手っ取り早い手段が「共感」なのだろう。
メディアは悲劇の情報を細かに、時に脚色を加え(あるいは「加え過ぎて」)、視聴者に伝える。視聴者はそれを嫌な顔をしながら受け取り、神妙な顔で「悲しみ」、そして他の視聴者も同じように思っている事を認識し、安心するのだろう。
詳らかな情報はまた、視聴者を「悲劇の主人公」に近づけさせる手助けをする。中途半端な情報で正体不明のストレスにさらされているよりも、自ら核心に近づき「納得」することで、ストレスの解消は早くなるだろう。

亡くなった被害者の実名をメディアが報道したがったのは、普段通りの「善意」を遂行したかったのかも知れない。

しかし、いくら強烈なストレスにさらされたとは言え、被害者とその家族、同僚以外は「他人」である。
当事者のストレスは想像することも出来ない。
その当事者を踏みにじり、「被害者」ぶってストレスの解消を要求するのはあまりに筋が通らないと言えないか。
身内の死を受け入れることにどれだけの時間を要するか。それを考えれば、普段の報道も、その消費も、およそ正しいとは言えない。

しかも、加えられたストレスが解消される瞬間は「快楽」となりえる。人が時に悲劇を求めるのは、そのストレスを共有する事や、共有により消化することが快楽となることも理由にあるだろう。
とすれば、普段の殺人事件や事故、そして今回の大勢の客死も、「快楽」として提供され消費される、あるいはすでにされているとは言えないか。

当事者を欺き実名を報道したメディアが糾弾されるのは当然としても、その責任を単にメディアのみ求めるのは無責任が過ぎるのではなかろうか。
今回の実名報道を招いたのは、残酷な殺人事件や凄惨な事故を「享受」していた、メディアと視聴者双方が作り上げてきた構造そのものに原因があるのではなかろうか。

今日という日に

手当たり次第に熱中し片端から飽きて行った親友と、そうと知らぬ間に別れてしまってから1年が経つ。

歌いながら歩いた8月の夜を思い出す。

彼は退屈が致命的であることを教えてくれた。

―ハルディン・ホテルを聴きながら。

序曲「群青の空から」(2012年版)

タイトル
序曲「群青の空から」
制作時期
2008年/2012年
原曲
「群青の空を越えて」(light)より「アララト」「アイキャッチ1」「アイキャッチ2」
編成

編成を拡大しました。

スノーホワイト―おとぎ話の代わりに現れたものは

もう先週のことだが、トレーラーを見て気になっていた「スノーホワイト」を、駆け込みで観てきました。

基本的にネタバレなので、楽しみたい人は読まない方がいいです。

Read the rest of this entry »

守るべきデータと、その理由

ワールドが半分に統合された。

ログイン画面が非常に重いが、一度ログインしてしまえばそんなにストレスは感じなかった。

しかし、致命的とも言えるエラーは確実に発生している。

Read the rest of this entry »

トランザクション?

ラグナロクオンライン“ログインゲー”ギルドマスターズで、不幸な事故が発生したらしい。

Read the rest of this entry »

YiiのCLogRouteを改良する

Yiiのログは不正終了時に出力されない。

メッセージルーティングはリクエストサイクルの最後でonEndRequest イベントが発生したときに 実行されます。 明示的に現在のリクエストの実行を終了するためには、die() や exit()ではなく、CApplication::end()を読んでください。 なぜなら、CApplication::end()はonEndRequestを発生させ、メッセージが適切にログに記録されるからです。
(http://www.yiiframework.com/doc/guide/1.1/ja/topics.logging)

Yiiの開発コミュニティはこの実装が問題だと思わないのだろうか?
ブラウザからリクエストを中断された場合にはログが保存されないのだけど。

Read the rest of this entry »

窟べんち~リジェクトされました

2.12: Apps that are not very useful, are simply web sites bundled as apps, or do not provide any lasting entertainment value may be rejected

まあ当然の結果ですね (C.V. この辺りの浮いてるヒト)

まだだ!まだ終わらんよ! (C.V. この辺りの汚れ担当のヒト)

もう少し粘ります。どうしてもダメだったらCydiaに出したりコード公開したりする予定。

水月―夏の間隙―

タイトル
水月―夏の間隙―
制作時期
2010年(オータムリーフ管弦楽団第6回定期演奏会向け)
原曲
「水月」(F&C)より「水月」「夕涼み」
編成
管弦楽
2 Fl., Ob., 2 Clar., 2 B.Clar., 2 Bsn., A.Sax.,
2Hrn., 2Trp., 2Trb., Tu.,
Vib.,
Strs.